大阪航空局のご案内季節
 
トップページ大阪航空局のご案内>空港有害鳥類防除業務民間委託  

空港有害鳥類防除業務民間委託

はじめに

近年の航空交通量の増大、騒音軽減のための空港の臨海部立地化等に伴い、空港周辺に出現する鳥たちと航空機が衝突してしまうといった問題が顕著化しています。
航空機と鳥との衝突(バードストライク)は、定時運航を阻害し航空機の修理等の経済的損失をもたらすばかりか、特に離着陸時におけるエンジンへの鳥衝突は墜落等安全上重大な結果に至らしめる危険もあります。
国土交通省航空局では「鳥衝突防止対策検討会」を立ち上げ、全国の空港管理者と相互に連携した鳥衝突防止対策に取り組んでいます。
鳥たちと航空機が共生し安全な空を守るためには、継続的な巡回や追い払いなどを通じて、空港周辺に鳥を寄せ付けいないための対策を空港全体で取り組む必要があり、最大限の民間活力の参入を図っていきます。防除業務001

空港有害鳥類防除業務民間委託の概要

空港有害鳥類防除業務は、空港周辺に出現する鳥の種類を常時把握し、出現する鳥の生態特性に適した防除機器を使用した対策を継続して実施する必要があります。
そのためには、空港内を定期的に巡回し鳥の動静把握等の各種情報を収集、記録、分析するとともに、鳥の餌となるものを排除し、音による追い払いや銃器を使用した威嚇などによって空港周辺に鳥を寄せつけないための対策を恒常的に実施して頂くことになります。
また、空港といった特殊かつ保安上も制限された場所における業務であるため、業務に従事する方には航空機の運航や空港の運用に関する知識や鳥類の生態等に関する専門的な知識、あわせて周辺環境上や銃器等防除機器の取扱いに係る関係法令等にも精通しておくことも求められます。防除業務002

空港有害鳥類防除業務民間委託対象空港

【東京航空局管内】新千歳空港、函館空港、仙台空港、新潟空港、東京国際空港
【大阪航空局管内】広島空港、高知空港、高松空港、松山空港、福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港(17空港)

   

map

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

空港有害鳥類防除業務を請け負うためには

空港有害鳥類防除業務は、広く民間等の事業者の方へ請け負って頂くため、毎年度一般競争入札により 調達を実施しておりますが、安全かつ円滑な航空機の運航及び飛行場運用を確保するため、空港有害鳥類防除業務は航空管制運航情報官の管理・監督のもと適切に実施されなければなりません。
そのため、調達実施にあたり、予算決算及び会計令第73条に基づき競争参加資格を定めております。
以下にその概要を示します。

空港有害鳥類防除業務を請け負うために必要な要件

○定期便が就航する空港の制限区域内において役務の提供等の請負実績があること。

  • ※ 役務の提供等の請負実績(例)
  •    「空港有害鳥類防除業務」:空港において航空機の離着陸時における安全運航を阻害
       する恐れのある有害鳥類を空港から排除する業務。
  •    「空港消防業務」:空港における航空事故等発生時の消火救難に関する業務。
  •    「空港警務業務」:空港において実施される秩序の維持に関する業務。
  •    「空港における基本施設の維持に関する業務」:空港における基本施設である滑走路
        等の維持(路面補修、航空灯火点検作業等)に関する業務。
  •    「空港における各種調査等に関する業務」:空港における各種調査等(測量、調査等)
       に関する業務。

○業務実施体制、作業員の資格等を満足する者であること。

  • (1)業務を実施するに必要な数の作業員が確保されていること。
  •    銃器の取扱いに必要な資格は以下のとおり。
  •     ①銃所持許可(鉄砲刀剣類所持等取締法)
  •     ②狩猟免許(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)
  •     ③鳥獣捕獲許可(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)
  •    未取得者がいる場合は、許可取得見込みであること。また、契約後の業務実施計画提
  •    出前までに業務を確実に実施できる体制(許可の取得を含む)を示すこと。
  • (2)日常における作業員の心身の健康状態を把握する体制を有していること。
  • (3)作業員の専門能力を維持、向上するため、適宜適切な研修・訓練を実施する体制が確
  •    保されていること。

一般競争に参加する際には、以上の要件を満たしていることを証明するための資料を提出して頂きます。要件を見直す場合がありますので、詳細は、調達時の入札説明書等をご覧下さい。

本件に関するお問い合わせ先

より多くの事業者の方に入札に参加して頂くため、本業務の現場見学が可能です。
現場見学をご希望の方や本業務の詳細に関することについては、下記問い合わせ先まで
ご連絡下さい。

国土交通省大阪航空局保安部運用課
〒540-8559
大阪府大阪市中央区大手前4-1-76大阪合同庁舎第4号館
TEL:06-6949-6229(飛行場運用係)