大阪航空局のご案内季節
 

与論空港

与論島は奄美群島最南端にある周囲21kmの円形の小島で、周辺をみごとな環礁 が取りまいている。
地勢は琉球石灰岩からなる低平な段丘状で形成され、山岳、河川はほとんど見られない。
空港は島の最南端の海に臨む平坦な畑地帯に設置され島民やリゾート客の足として活躍している。

概況

空 港 種 別/地方管理空港
設置管理者/鹿児島県
標   高/14.4m
面   積/22.1ha
滑 走 路/1,200m×30m
運 用 時 間/10時間(4/1~9/30)
         9時間(10/1~3/31)
利 用 時 間/8:30~18:30
          (4/1~9/30)
         8:30~17:30
          (10/1~3/31)

沿革

1975年 (昭和50年) 12月

第3種空港政令指定

1976年 (昭和51年) 5月

供用開始(1200m×30m)

概況写真

航空写真平面