大阪航空局のご案内季節
 

与那国空港

与那国空港は、昭和18年旧日本軍により建設されました。昭和32年民間航空による運航が開始され、翌年滑走路等が拡張整備されました。
昭和47年の本土復帰に伴い、国の航空法が適用されたことにより、滑走路の短縮運用となり、昭和50年滑走路800mで供用を開始しました。
昭和62年には、滑走路1500mで供用開始しましたが、その後の利用客の増大や機材の大型化に対応するため、平成11年7月、滑走路1500mで舗装構造を強化した暫定ジェット化空港として供用を開始しました。
その後、平成13年度から滑走路延長事業(1500mから2000m)に着手し、平成19年2月に供用を開始しました。

関連ホームページ

沖縄県ホームページへ →
(沖縄県ホームページへ移動します。)

概況

空 港 種 別/地方管理空港
設置管理者/沖縄県
標   高/15m
面   積/58.2ha
滑 走 路/1,500m×45m
運 用 時 間/11.5時間
利 用 時 間/8:00~19:30

沿革

1973年 (昭和48年) 2月

第3種空港政令指定

1975年 (昭和50年) 3月

供用開始(800m)

1985年 (昭和60年) 2月

滑走路1500m供用開始

概況写真

航空写真平面
航空写真進入方向