大阪航空局のご案内季節
 

種子島空港

種子島は本土最南端から約40㎞に位置し、平坦で細長く丘陵性の山地が広がっている。戦国時代鉄砲の伝来地として、また、ロケットの島として有名です。空港は島のほぼ中央西端に位置し、滑走路長1500mの空港として利用されてきましたが、平成18年3月16日に旧空港から北に8㎞の所に位置し、小型ジェット機が就航できる2000mの滑走路を有する空港として開港しました。

関連ホームページ

新種子島空港ホームページへ →
(新種子島空港ホームページへ移動します。)

概況

空 港 種 別/地方管理空港
設置管理者/鹿児島県
標   高/234m
面   積/111.1ha
滑 走 路/2,000m×45m
運 用 時 間/10時間
利 用 時 間/8:30~18:30

沿革

1962年 (昭和37年) 7月

供用開始(1100m)

1973年 (昭和48年) 5月

滑走路1500m供用開始

2006年 (平成18年) 3月

新種子島空港
供用開始(滑走路2000m)

2008年 平成20年) 6月

「新種子島空港」より「種子島空港」へ改称

概況写真

航空写真平面
航空写真進入方向ターミナルビル写真

 



種子島空港へのアクセス

西之表港からバス約40分