大阪航空局のご案内季節
 

南大東空港

南大東空港は、昭和9年9月旧日本軍により海軍飛行場として建設された。昭和38年6月滑走路等が整備され、昭和43年12月滑走路1,200mに整備しYS-11型機が就航した。
昭和47年本土復帰に伴い、国の航空法が適用されたことにより、進入表面 が同法の規定に抵触するため、滑走路の短縮運用となり、昭和49年8月滑走路800mで供用開始した。
これまで、那覇間に、DHC-6型機が就航していたが悪天候や横風の影響を受けやすいため、欠航が多かった。そのため機材の大型化に対応する新空港として移転整備し、平成9年7月に供用開始した。

関連ホームページ

沖縄県ホームページへ →
(沖縄県ホームページへ移動します。)

概況

空 港 種 別/地方管理空港
設置管理者/沖縄県
標   高/48.3m
面   積/35.9ha
滑 走 路/1,500m×45m
運 用 時 間/10時間
利 用 時 間/8:00~18:00

沿革

1973年 (昭和48年) 2月

第3種空港政令指定

1974年 (昭和49年) 8月

供用開始(800m)

1997年 (平成9年) 7月

「新南大東空港」供用開始(1500m)

1998年 (平成10年) 3月

「新南大東空港」より「南大東空港」へ改称

概況写真

航空写真平面