大阪航空局のご案内季節
 

慶良間空港

ケラマ飛行場は、昭和57年7月に民間航空により運航が開始された。
昭和58年4月には、不定期2地点間旅客輸送(那覇~ケラマ間)の実施承認を受け、実質的には定期的な航空路を持つ飛行場となった。しかし、昭和61年には、運航会社倒産等により、運航が停止されることになった。座間味村では、運航を再開すべく各方面 に働きかけた結果、琉球エアーコミューターが設置され、昭和62年2月には、運航が再開された。
平成4年11月にケラマ飛行場を沖縄県が設置・管理する公共用飛行場(第三種空港)に指定し、平成6年11月に供用開始した。

関連ホームページ

沖縄県ホームページへ →
(沖縄県ホームページへ移動します。)

概況

空 港 種 別/地方管理空港
設置管理者/沖縄県
標   高/47.5m
面   積/13.0ha
滑 走 路/800m×25m
運 用 時 間/10時間
利 用 時 間/8:00~18:00

沿革

1982年 (昭和57年) 7月

供用開始(800m)

1992年 (平成4年) 11月

第3種空港政令指定

1994年 (平成6年) 11月

供用開始(800m)

概況写真

航空写真平面
航空写真進入方向